文化とは2

臨時夜行快速「ムーンライトながら」運転終了へ 「大垣夜行」から長い歴史
1978193438_251.jpg

ブルートレインに続いて夜行鈍行列車という文化もついに消えることになった.写真のような景色が繁忙期の夜行鈍行列車で見られたものです.このような猥雑な情景は文化に満たない,という捉え方もあるだろう.夜行列車にはブルートレインを頂点として,底辺を支える鈍行までのレパートリーがあり,その底辺での情景である.

文化足り得るには,それを保全する周辺技術を有する人々がいて,異なる世代に経験を共有する継続性を有し,一回り時代が経ったときに振り返って精神の涵養に正に寄与したと思えることであろう.

その観点で考えたときに移ろいなデジタル時代が生み出したものは,ネットというプラットフォームでちっちゃい自己主張をしあうカルチャーを提供しているに過ぎない.保全する側も支える側も,多様性があることでそのシステムが肉厚なものとなる.今の言葉で言えばレジリエンスが高められた状態である.つまり,カルチャーは多様性がないのでレジリエンスが低く,ブームがさればあっという間に消失してしまう.

新しい技術が生まれることで旧来の文化を失うということは繰り返してきた.それは新しく生まれるものが,前世代の文化と継続性がなく,文化と言えるほどのものでなくカルチャーに過ぎない場合,文化をひとつ失ったということになるのではないかと思われる.鉄道に関連する一度は失った文化を失うに代え難いと気づき取り戻した例は蒸気機関車の運転復活であろう.一度失ってしまうとその文化を取り巻く技術も失われ,回復するのが困難になる.それが本当にその文化を失った状態である.ならばカルチャーのほうが回復が早いのではないか,という発想が出るが,デジタル依存のカルチャーはプラットフォームが変わってしまえばやはり回復するのは困難である.むしろ,景気に例えればゆらぎに対してピーキーに追従してしまう後進国の景気と冗長(レジリエンス)のある先進国の景気に似ているのではないだろうか.日本が後進国に落ちているというのは数字だけでなく,こうした肌感覚でも感じられるのである.

文化を守るには,支える側もそれなりの覚悟が必要である.その文化の周辺技術を維持するために工数がかかっている.新しい技術はそれを省人化できることが開発目標であることが多い.しかしそれは先進国にならなければ作ることの出来なかった品質や安全といった工業製品やインフラや雇用といった生活レベルを,省人化という生産技術を失う方針のもと賃金を含め後進国のレベルに自ら落ちていくことに繋がり,そのコスト重視が貧困のグローバル化に至らしめることも気づくべきである.貧すれば鈍する文化を失うということはそういうことである.

後悔後を絶たず、後悔役に立たず、後悔先に立たず

思考しない時代

ゲッペルスの人々が思考しないことは、政府にとっては幸いだという言葉がある.20年から続くコロナ禍は近代の拡大路線という資本主義の課題を白日に晒した事変であることに異論はないであろう.その観点で考察された21年元日に公開された記事を引用する.

「炎と猫と資本主義」に見る「2021年欲望の行方」(東洋経済)

・「人が選択するよりデータに基づく選択のほうが正しい」「AIに人生の目的を設定してもらうほうが楽だ」
・モノの生産を主軸とする工業化の後にやってくる経済の潮流について語られ日本のビジネス論壇でも話題となっていたが、その引き起こす変化、与える影響の大きさが、今切実なものとなってきているということだろう。

自然科学的にはデータに基づく選択が合理的だが,感情がある人間が操作する経済ではデータに基づかない判断が答えとして選択されることが往々にしてある.デジタル化後一人ひとりにちっちゃい自己主張の場が与えられるに至って,未来のことより今多くのいいねを取る欲望が選択されるようになり,引き起こされた影響が顕在化するまで先送りされる傾向が顕著になっている.

公安担当だったジャーナリスト・青木理氏がみた菅政権の本質 「戦後初の警察官僚に牛耳られた政権だ」(AERAdot)

・説明したとき以上の自粛や萎縮効果が期待できるからです。これは統治者にとって好都合でしょう。
・為政者の振る舞いは、中長期的に見ていくと官僚組織はもとより、この国の社会から活力や創造性を失わせていくことに僕たちはもっと危機感を抱くべきです。異を唱えれば人事的な制裁を受けかねない官僚組織からは闊達な対案やアイデアが出てこなくなり、さまざまな専門的見地から政治に異論を唱えるべき学術会議のようなアカデミアも萎縮傾向を強めていきかねない。社会全体に忖度病が蔓延していく。人事権は大きな政治権力ですが、こうした使い方をしていると組織や社会はますます沈滞します。

インターネットというちっちゃい自己主張の場が一般に与えられたことで,多くの支持を得るためには迎合的な内容が好まれることになった.表面的なやっている感と相まって,それが長いものには巻かれろ,ということにつながる帰結ではないだろうか.

「詐欺やだましの分析」を経済学が苦手な理由(東洋経済)

・経済学は通常、自由な競争市場が「うまく」機能している状態を記述する――。
・こうした人間的な弱みの副産物として、人々はだまされる。それが人間というものかもしれないけれど、でもそれは経済学講義に登場する様式化された人間もどきとは違う。そして人々が完全ではないなら、こうした競争的な自由市場は、単に人々が求め欲しがるものを供給するための競技場にとどまらないものとなる。
・その理由は、そうすることで現代経済学が内在的に、欺瞞と詐術を扱うのに失敗するからだ。人々の単細胞ぶりとだまされやすさは、見て見ぬふりをされている。

どのような学問も定常状態を記述するのは得意である.自然科学では熱力学が該当する.難しいのは過渡現象を記述することだ.19年末のコメントでも記述のよう日本にとっては震災以来の国難=過渡現象となったが,今回のコロナ禍が異なるのは全世界的な事変であることである.どの国も国内のことで手一杯であるがゆえ解決方法として国柄が垣間見え,日本もその傾向が見られる.すなわち自分で決められない,ということである.それがゆえに,決めているようなふりをする政権が好まれるのであろうか.その点でゲッペルスの数々の言葉は人の心理をよくついており,経験の積み重ね(連続性)を否定すると時代は繰り返す,ということになるのであろう.工業製品では不良品こそ宝の山,という考えがある.格言で言えば人の振り見て我が振り直せ,というのが近いのではないだろうか.他の誰でもない自分の頭で考えなくてはならない.現代社会はその反対の,長いものには巻かれろ,が時代となっている.グローバル化はプレーヤを増やすことで右肩上がりの経済の継続を保つ方法として生み出されたものであるが,地球という閉鎖系ではいずれ行き止まりになる.自然科学をベースに考えると,駆動力は太陽と地球が貯金したエネルギーしかないからだ.

2ちゃん創設者が危惧する「日本人の働き方」(東洋経済)

・中国や韓国の電機メーカーは、その多くが日本の技術を下敷きにして成功を収めたわけです。 もちろん、それは責められることではありませんし、「裏切られた」などと恨み言を言ってもどうにもなりません。
まずは、「日本の現状」をきちんと理解すること。そして、これから世界でどう存在感を出していくかを考えていくべきなのです。

結論はこのコラムであろう.グローバル化,デジタル化を急激に進めたがゆえに,映画白虎隊の”時の流れがもう少し緩やかであったら”,ではないが究極の資本主義が社会を牛耳っている物を大事にしない飽きっぽい時代の工業製品は設計寿命が短く,シリコンやリチウムイオン電池というゴミ,熱力学で言うエントロピーを大量に排出している.先進国の没落を推進する行動を一人ひとりが思考しないまま今の楽しさをとった結果が急激に現実として現れるため,現状を客観的に見ている人から順に諦め,が蔓延するようになる.昨年末のトヨタ社長のEV化への懸念表明というのは,環境問題というよりデジタル化で雇用を失った家電メーカの例を踏まえての発言と見ることもできるはずである.日産がEVリーフを出して10年になるが,トヨタがEVを出さないのは技術的に日産に遅れているからだろうか?先進国にならなければ作ることの出来なかった品質や安全といった工業製品やインフラや雇用といった生活レベルを,省人化という生産技術を失う方針のもと賃金を含め後進国のレベルに自ら落ちていこうとするコスト重視なデジタル化がもたらしていることを思考しなかった一人ひとりが貧困のグローバル化の犠牲者になっていくのだろう.

後悔後を絶たず、後悔役に立たず、後悔先に立たず