テーマ:経済

文化とは2

○臨時夜行快速「ムーンライトながら」運転終了へ 「大垣夜行」から長い歴史 ブルートレインに続いて夜行鈍行列車という文化もついに消えることになった.写真のような景色が繁忙期の夜行鈍行列車で見られたものです.このような猥雑な情景は文化に満たない,という捉え方もあるだろう.夜行列車にはブルートレインを頂点として,底辺を支える鈍行まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思考しない時代

ゲッペルスの人々が思考しないことは、政府にとっては幸いだという言葉がある.20年から続くコロナ禍は近代の拡大路線という資本主義の課題を白日に晒した事変であることに異論はないであろう.その観点で考察された21年元日に公開された記事を引用する. 「炎と猫と資本主義」に見る「2021年欲望の行方」(東洋経済) ・「人が選択するよりデー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジャブ2

前回の投稿で”いまデジタル一眼レフが同じ途をたどり始めた”という記載をしたが、市場動向をご存じでない方には唐突な印象を持たれたので、状況認識を追記する. フィルムカメラ、デジタルカメラの市場規模の推移を示したグラフが下の図である. 出典:http://cipa.jp/stats/documents/common/cr1000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Point of no return~いま本当のことについてしっかり考える

ほぼ7年ぶりに引用でないコメントを記載することにしました.元号が変わった今年、この30年の総括的な記事が多くみられ、ようやくここで述べてきたグローバル/デジタル化の負の側面が述べられる機会が増えてきたためです(例えば①「日本は貧乏」説に「でも日本は住みやすいし楽しいから充分」と反論するのはもうやめないとオレら後進国まっしぐらだぞ、②私た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のど元過ぎて熱さ忘れる

国内電機各社の変調が明るみになってようやく,この国の行く末に対する懸念を認識する論調が出てくるようになったが,それも最近の円安でのど元過ぎればの危機にある. NYタイムズ支局長「日本は3.11より大きな危機の必要あり」 ・3.11の東日本大震災、福島原発事故でさえ日本にとって真の危機にはならなかったわけです。日本のシステムを変革するに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見たくないものは見えない 見たいものが見える

巨額赤字「貿易立国」はどこへ?(NHK) 昨年初の予測が,今年早速貿易赤字の恒久化という形で現れることになりました.デジタル革命以後日本の収入が減っていく様など客観的事実に対して福島の事故調が指摘した,人は見たくないものは見えないのとおりのことを国民一人一人が続けた結果ですね. 貿易赤字が恒久化すれば生活レベルを落とさざるを得なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家電メーカに続く産業

<富士フイルム>本業崩壊、生き残りをかけた変革の12年(プレジデントオンライン)より ・モノづくりが急激にデジタル化していく中、最後の橋頭堡として残るアナログ部分、そこにこそ生産技術の強みが活かせる ・そういうアナログの強さというのは絶対に残るんです。デジタル化できない部分とは何か、そこが日本のモノづくりにとって最も大切なところ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

次世代の雇用と,長期の競争力

エネルギーのうち電力としての利用は,基本的に右肩上がりであった.一方,景気を裏付けるGDPはデジタル革命の95年以降大きな伸びを示していない.一般に考えればGDPと発電量の間に相関があってしかるべきである.ここで電気事業連合会の公表している家庭のエネルギー消費量を見てみるとデジタル革命の95年以降はゼロ成長にも拘わらず家電照明部門だけが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失ってわかる

 抜け始めてわかる...なんてCMが昔ありました.バイク乗りの私はまさにそれを実感しておりますw  さて,これまでにデジタル革命以降の工業先進国における変化をソフト,ハード,保守の観点で考察してきた.今回はインフラについて考えてみたいと思います.デジタル革命でそのあおりを食らったのがデジタル製品を作ってきた弱電関連のメーカなのはここ数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジャブ

恒例のものづくり白書が公開された.これを読むと2年前の経産省産業構造ビジョン~日本は、何で稼ぎ、雇用していくのか~から何も変えられていない現実がわかる.概要から抜粋してみる. これはここで書いてきたことをまとめたのではない.経産省に選ばれし委員がまとめたものである.しかし上から (製品のデジタル化・モジュール化の進展)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続可能な産業

持続可能,と言う言葉は最近ではエネルギーの枕詞のような感じがある.さらにはこれが再生可能な自然エネルギーと同義とすら定義されている.持続可能とはある閉じた系の中で循環が続けられることを意味する.今回は持続可能を産業の形容詞として考えてみた. デジタル化に伴う産業構造の変化について,ハード,ソフトと述べたので,今回はメンテナンスについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化とは

○日本、先進国から脱落?…経団連の研究機関予測(読売) なる報告書が上がってきたとのこと.今のような経済にした張本人である経団連が何を今更,と言う気もするが.ネットでは先進国から脱落したら何が悪いのか,と言うコメントが見られる.簡単に言えば今のパソコンやケータイやデジカメのようなデジタルツールに囲まれた生活をできなると言うこと,途上国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の工業製品

電機メーカの決算が発表され,いよいよこの国のこれからへの危機感が高まってきた. アップルの隆盛と雇用喪失(Diamond) 世界で最も速く凋落する日本 2012年はささやかな“最後の春”(日経BP) 引用している記事はいずれも経済記事なので現状への認識は当方と同じであっても,その原因への見方は異なる.現状認識についてはここで20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル時代のゲームのルール

「Androidで誰がもうかるのか?」――誰かがもうかるルールの下でゲームをしよう! より ・現在のところ、そうしたチューニングが功を奏しているケースもなくはない。しかし、いずれこの差はなくなっていくだろう。フィーリング向上の方法論が分かってしまえば、どのメーカーも同じような工夫を盛り込んでいくはずだ。 ・Android端末で大もうけを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧困のグローバル化

これからも日本が工業立国としてやっていくにはどうしたらいいかを考察してきた.先進国での現状を考察したサイトをいくつか見つけたので引用する. テクノロジは雇用を破壊しているのか?(TechCrunch)より ・この10年で合衆国に起きているのは、経済成長に、本来なら伴うはずの雇用の成長が伴わないことだ。これまでは、生産性の向上と雇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

課題先進国

課題先進国という言葉は元東大総長の小宮山氏が言い出した言葉で,これ自体は非常に日本の現状を的確に表現した言葉だと思う.ただし,その解決への手法は同意しかねることはすでに述べた.日本の抱える課題の一つである社会構造について以前にGDPと発電量の関係から産業構造と国内景気との相関について考察した.総務省によって調査される労働力調査という資料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

価格を上げるという選択肢

日経エレクトロニクスの記事より ・しかし、取材を始めてみて、その考えがいかに甘いものであったかを知らされました。日本の部品メーカーが強かったはずの分野でも、海外メーカーに押されてきているのです。 ・もはや、大量生産・大量販売の従来モデルでは日本メーカーは立ちゆかないことは明白です。 日経さんは17年前の予言や技術者の誇りで新規性を追い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発と電力確保のトレードオフをどうするか

表題の記事を見つけた.  原子力発電を使いこなす技術が未熟なのに都合のいいところだけを大本営発表して不安全なまま使ってきたことが今回露呈してしまった訳であるが,一方で電力ユーザである国民の多くは知らないから考えない,知らせなければ考えない,考えると面倒だから考えない,このサイクルでこれまでの安いエネルギーが成り立っていたことを知ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GDPと発電量

今回の震災でACのCMが大量に流されているが,その中で継続することの重要さを訴えるものがあった.震災を計画停電という形でしか被災しなかった関東圏の人も,その計画停電の一時停止によって喉元過ぎれば熱さ忘れる時期になっていると思われ,それを見計らって流したものと考えられる.飽きっぽい今の時代に継続の大切さについて大いに同調するところである.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災後のモノづくり復興、6つの条件

今週の気になった記事より 震災後のモノづくり復興、6つの条件(日経ビジネス) ・省資源(材料、部品の構造をより簡素に小さく)、省エネ(電力、石油の消費をより少なく無駄なく)の「最適な生産プロセス」を徹底的に追求することが重要です。モノのありがたみを知った今こそ、我々はモノづくりの本来の姿を見つめ直す、機会を迎えているのです。 ・出来上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これから懸念されること

ここ数10年でも甚大被害をもたらした地震は何度か発生しているが,今回との違いはその影響を及ぼした面積の広さである. ・放射線→ガス抜きで原子炉の溶解という最悪の事態が起こらないようにするための対策をやっているが,水素はこの際に出てきたのだろうか?格納庫内圧が高いということだし,この操作と関係なく水素が漏れ出しているとしたら,格納庫自体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化けの皮

エコポイントでのCO2削減「粗い試算だった」 自政権の風当たりが良くないから前政権のだめ出しでもしようというのか,環境大臣が家電1台当たりの消費電力の削減率を50~60%と見積もっていたが,実際は14~46%,CO2削減効果は1/6だったと言い出した.一昨年ここでも指摘したように,絶対的に消費エネルギーの大きい大型家電や大型車にエコポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

群馬県の小さな村に“互いを評価し合う幸福”を学べ

今週の気になった記事 日本人はもう、経済によって“幸せ”にはなれない。 群馬県の小さな村に“互いを評価し合う幸福”を学べ(Diamond) ・中国、韓国などの新興国や旧社会主義国が力をつけ、市場に参入してきたことにより、先進国が経済を主導する状況が崩れてしまった。 ・先進国は、もともと独占的な利益が上がることを前提に社会システムを構築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

債務整理

一応,私自身のことではないことを先に申し上げておきますw 消費税率の引き上げが現実味を帯びてきていますが,公的債務のGDP比を示したこのグラフを見るとこの国の債務に直視しなくてはならないことを認識します. 日本の借金1000兆円はどう返済すればいいのか?に依れば,債務整理の方法として 1.増税  2.歳出削減 3.借金の繰り延べ 4.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

価値の低下

価値という言葉の意味するところは深く,wikipediaに依れば倫理,哲学及び刑法学においては①良いという性質のこと,経済学においては②商品価値③人間の欲求・欲望と定義されている.②はマルクス経済による定義だけあって唯物的なのに対し①③は唯心的である.また②,③は経済学の定義だけに時間による項目が加味されるように思う. さて,今回見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝,坂の上の雲

よく今の時代を明治維新,戦後改革に次ぐ変革期と言うのを目にします.あらためて自分の中で咀嚼してみると,明治維新とのアナロジーは見つけることができました.即ち,  明治維新                   現代 ==================================================…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産業報国

世界通貨戦争、無条件降伏する日本(JBPress)より ・それが日本になくなってしまうということは、とりもなおさず日本に世界最高の生産技術力が今後蓄積されていかなくなる危険性を示唆している。 ・次世代の日本を支える産業をしっかり育成しないまま、日本の最後の牙城である生産技術を失えば、果たして私たちの子供の世代は何を糧に世界で勝負し外貨を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーブルオブリゲーション

日本のメディアは何かしらスポンサーからのバイアスがかかっており,産経はその中でも顕著な新聞社であるが,今回紹介する”北野武が語る――「電車の中の化粧なんて、酔っぱらいの立ち小便と同じ」”は同監督のコメントのみが載せられている. ・今の人たちは情報を探しまくるんです。自分で追いかけるから、たどりついた情報は、たいしたことなくても、すごい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クジャクの羽根

日経BP社の記事「クジャクの羽根化」で考える日本的な商品開発の落とし穴のご紹介  中国などの途上国をウイルスや病原菌に例えるわけではないが、後から猛烈な勢いで迫ってくるこれらの後発組に対して、何処か不調に陥ってしまった日本経済が競争力を長期的に維持し続けるために、有性生殖システムは一つのヒントにならないのであろうか? 経済を進化論の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メイド・イン・ジャパン最終章?

DiamondOnLineの記事の表題”メイド・イン・ジャパン最終章?”より  こうした完成車輸入による、コンパクトカーの「価格破壊」が日本で始まると、価格帯でガチンコ勝負となる軽自動車との間で、さらなる「価格破壊」が起こる。そして、軽自動車の海外生産の議論、または日本特有車である軽自動車の規定見直し(=小型車への統合)の議論も加速する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more